子育てと漫画とお金の話 blog

40代、漫画とお金が好き。子育てもがんばります。

お金がなくても幸せになれると感じさせてくれる漫画

f:id:sannakablog:20210923221227p:plain

 

こんにちは。

 

みなさまお金は好きですか?

 

私は大好きです。

 

お金を稼ぐのも、貯めるのも、増やすのも、使うのも

好きです。

 

ただし、青臭いかもしれませんが、

お金があれば幸せかといえば

そうではないと考えています。

 

正確には、お金の増加と、幸福度は比例しないと思います。

この点、共感頂ける方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

とはいえ、日々過ごしていますと

やはりお金がたくさんあると良いなと思って

行動してしまっています。

 

このブログも、

モチベーションの一つに

1円でも稼げたら嬉しいなというのが

正直ありますし、

日々、副業や投資、節税などの情報に

敏感な自分がいます。

 

そんなときに、

「落ち着け、落ち着け、お金の他にも大事なことがあるよ」

「お金がなくても幸せは感じられるよ」

と優しく諭して、思い出させてくれる漫画が、

前川つかさ氏の

「大東京ビンボー生活マニュアル」です。

 

この漫画は、1980年代に「モーニング」で連載されていた漫画です。

私が出会ったのはもう少しあとの1990代の学生の頃でした。

 

作品の中の世界は、ゆっくりとした時間が流れていて

お金のない日常でも、考え方、行動によって

こんなに幸せを感じることがあるんだあと新鮮です。

 

2021年9月23日現在、kindle unlimited で読めます。

 

現代社会に疲れた方、ぜひご一読を。

 

ではでは。

 

貧乏は贅沢だった。 もう二度と会えない、遠い日の暮らし―。昭和の終わりの情景、それは二度とこない時間。1986年から『モーニング』で連載されていた、バブル真っ只中の時代にありながら、ビンボー生活しみ方を描いた穏やかな作風で大人気を得た作品。人々とのあたたかい交流や、ビンボー料理など、ビンボー生活だからわかる小さな楽しみにあふれた漫画。名作『大東京ビンボー生活マニュアル』のセレクション版に、著者お蔵だし初期3短編を加えてのオリジナル電子書籍化です。