さんなか blog

小規模経営と子育てのお金の話。

NISAとiDeCoを比較してみる

f:id:sannakablog:20200611232513p:plain


 

 NISAとiDeCoの両方しています。

 NISAはつみたての方です(両方はできないことになっています。)

それぞれどのような制度なのか、まとめてみました。

 

 

 目次

 

1 NISAとは

 

 NISA(ニーサ・Nippon Individual Savings Account)とは、日本版の個人貯蓄口座のことです。金融商品で貯金するイメージです。
 証券会社などに、NISA口座(非課税口座)というものを作ります。
   そして、一定の条件のもと、その口座内で株式や金融商品を売買したり、配当をもらったりしても税金がかからないという制度です。

 

 

2 iDeCoとは

 

 iDeCo(イデコ・individual-type Defined Contribution pension plan)とは、「個人型確定拠出年金」のことです。つまり、将来の自分だけのオーダーメイドの年金です。
 自分で掛金を拠出し、自らが運用方法を選び、掛金とその運用益との合計額をもとに、将来給付を受けることができます

 

 

3 節税ができるのはどっち?

 

 

 iDeCoの方が節税に適している制度といえます。
 理由は、NISAが、投資から得た運用益に対してのみ非課税なのに対して、iDeCoは運用益に加えて、拠出した金額分が所得控除となるため、「住民税」と「所得税」も軽減されるからです。

実際に、年末調整や確定申告で、税金が還付されたり、減ったりして実感がわきます。

 

 

4 詳細比較表

  

  区   分 つみたてNISA NISA iDeCo
最低投資額 100円~ 100円~ 5,000円~
投資限度額(年間) 40万円 120万円 *14万4,000円~81万6000円
運用可能期間 2037年まで 2023年まで 60歳まで
投資対象商品 厳選された投資信託 日本・外国株・投資信託 iDeCo投資信託・預金・保険
手間 自動積立 自身で購入・売却 自動積立
資金の引き出し いつでも可 いつでも可 60歳まで原則不可
節税効果 運用益〇 運用益〇 運用益・所得税・住民税◎

 

 

5 まとめ

 

 実際に、節税が実感できるのは、iDeCoです。
 でも、最初に手を付けるのであれば、NISAをオススメします。
 NISAは、途中で嫌になったら解約できるからです。


 また、NISAなら「つみたてNISA」の方が良いです。
 NISAは、個別株式を選んだりする必要があるので上級者向けかと思います。
 つみたてNISAは、最初から投資商品が厳選されているので、選びやすいです。

 

 ではでは。

 

sannaka-life.com