さんなか blog

小規模経営と子育てのお金の話。

SBI銀行の振込手数料がお得で助かっている話

 

 

SBI銀行を知っていますか?

 

正式には住信SBIネット銀行(以下SBI銀行)といいます。

ネット専業銀行なのですが、

私は、私生活でも仕事でもお世話になっています。

私にとって一番の魅力は振込手数料やATMの引き出し手数料が、

条件により、最大月15回まで無料になることです。

さらに、SBI銀行及び三井住友信託銀行の口座あての振込手数料は

無制限で無料となっています。

 

 実際、SBI銀行は年々人気になっており、

2019年には、預金総残高と住宅ローンの取扱額がどちらも5兆円を突破しています。

 

少し古いデータですが、預金残高はネット専業銀行の中でもNo.1となっています。**1

 

手数料払っていますか?

地味にもったいないですよね。

 

今回はSBI銀行で、振込手数料やATM手数料を無料にする方法をご紹介します。

(今回は、個人の口座対象の話です)

 

まずSBI銀行では、利用状況によりランク付がされます。

ランクにより、下記のように無料回数が決まります。

 

  • ランク4・・・ATM利用手数料無料 月15回、  振込手数料無料 月15
  • ランク3・・・ATM利用手数料無料 月7回、 振込手数料無料 月7
  • ランク2・・・ATM利用手数料無料 月5回、 振込手数料無料 月3
  • ランク1・・・ATM利用手数料無料 月2回、 振込手数料無料 月1

 

 

ランク1

 

安心してください。

一番下のランクでも、ATMは月2回、振込は月1回無料になります。

給料日にしかATMにいかれない方や振込がほとんどない方は

これで十分かもしれませんね。

 

ランク2

 

 

さらに安心してください。

なんと!そもそも30歳未満の方は、それだけでランク2ゲットなのです。

ATMは月5回、振込は月3回も無料になります。

 

しかし、残念ですが、私のようなアラフォーは対象になりません。

ただし、あきらめないでください。

アラフォーやそれ以上の年齢の方でも、

預金の残高が30万円以上あれば、同じくランク2をゲットできるのです。

 

でも、いろんな事情で、預金が30万円未満の場合もありますよね。

そこで、預金が30万円未満でもランク2をゲットしたい方、必見!

預金がなくても、ランク2だけでなく、さらに上のランク3をゲット

できる方法があります。

(ランク3に続く)

 

ランク3

 

 

ランク3が、預金の月末残高が300万円以上ある方が対象です。

いきなり厳しい要件をだしましたが、実は300万円なくても大丈夫です。

 

残高が300万円ない場合は、別途11個ある条件のうち3つに該当すれば、

なんとランク3をゲットできるようになっています。

11個条件がありますが、該当しやすい4個をピックアップします。

 

  1. 外貨預金の月末残高があること ・・・ 1ドルでも良い
  2. SBIハイブリット預金の月末残高があること ・・・SBI証券と連動した預金
  3. 純金積立の契約が月末時点であること ・・・1000円から積立できる
  4. 給与・賞与・または年金の月内入金があること

 

 一見これらもハードルが高そうに思えますが、

 少額の資金で、3つの条件がクリアすることが可能です。

 私の場合は、1,2,3に該当してランク3をゲットしています。

 

 

ランク4

 

 

 次のどちらかの条件に該当すること

  1. 外貨預金と仕組預金の月末残高合計が、500万円以上
  2. 外貨預金と仕組預金の月末残高合計が、300万円以上かつ           住宅ローンを利用していること

 

これは、正直なかなか厳しいです。

ランク3のようにその他の条件もないようです。

まずは、ランク2、ランク3を狙ってみましょう。

 

 この記事でSBIに興味を持った方は、ぜひ一度調べてみてください。

 

www.netbk.co.jp

 

別の機会に口座開設の仕方の記事も書いてみたいと思います。

 

 

 

ではでは。 

 

 

 

 

 

 

*1:2018年12月時点の各行の公表資料による。